Development of
Artificial Intelligence
人工知能の開発

AIが浸透する未来に活躍するエンジニアになる

AI基盤技術を応用したシステム開発が主流になる!

10年後に日本の労働人口の49%が人工知能(AI)やロボットなどで代替可能になると言われており
既に身近なところでもAIを活用した様々な取り組みが始まっています。
例えばコールセンター、医療における診断や病気予測、株売買、自動運転車など-。

私たちは、今後システム開発の主流になる、AI基盤技術を応用したシステム開発分野/領域に注力
しています。そのため、ディープラーニングというエンジンの性能を把握し、
また、そのエンジンを組み込んだ部品ライブラリーのTensorFlowやOpenCV等にも精通しています。
(例えばGoogleの翻訳アルゴリズムの基礎である「Seq2Seq」や、2画像間に潜む画像変換の「pix2pix」)

つまり、実際にビジネスに落とし込むためのAI応用技術を有しているプロチームです。
ビックデータにはそれをハンドリングするETL(抽出・加工・選択)が
必要なようにAI技術をどこまで現実に活かせるかは、AIシステムのプランニングと応用にかかっています。

センサーが進化しIoTのニーズ拡大により、僅か数年で10倍に増えているビックデータやスマートデータの
大量データに対する分析利用にAIは不可欠であり、そのテクニックもAIシステム開発に活用しております。

私たちと共に、新しい価値と未来を想像しませんか!

no display

AIのニーズに応えるフェーズワン

AIエンジニアは世界で数万人規模で不足していくとも言われており、
変化する世の中のニーズに応えるためには、AIスキルを身に付けることは不可欠です。

それゆえに、創業以来28年間、「情報化社会に知恵を提供する」
という命題に向かっている当社では、ここ2年、AIについての
研究とビジネスモデル化を先行投資で推進して参りました。

私たちは、AI人材育成に注力するとともに、AIの応用技術を
活かした新しいサービスを生み出し、未来のニーズに応えます。

株式会社フェーズワン AI事業推進 執行役員 金ヒョンミン

フェーズワンのAIサービスプロセス

スキルに応じた教育内容


フェーズワンの重点取組み分野

①データ解析・分析
②AI各社が提供するライブラリーを利用した深層学習(Deep Learning)

フェーズワンのAI技術開発実績


①チャットボット
②webRTC 技術を適用したシステム
③音声認識AIシステム
④監視用AIシステム  
他 多数


AIエンジニアへの道

AIエンジニアになるためには、もちろんAI技術を身につける必要があります。
フェーズワンでは、エンジニアのレベルに応じた段階ごとの研修カリキュラムを用意するとともに、
AIエンジニアとして活躍できるプロジェクトを豊富に用意しています。


AI教育の仕組み

スキルに応じた教育内容


教育カリキュラム

・AI基礎
・プログラミング
・データサイエンス/機械学習
・DeepLearnig
・TensorFlow/Watson

教育方法

①社内教育
・AI実践教育/OJT実施
・AI会(研究成果定期発表会)

②社外教育
日本プログラミングスクールとコラボレーション


no display